出入国在留管理局への申請をお取次ぎいたします

インターンシップ、特定技能、技術・人文知識・国際業務など、就労資格のほか、家族滞在などの認定証明書交付申請、在留資格変更許可申請、在留期間更新許可申請をお取次ぎいたします。

We are handling the application to the Immigration Bureau.

In addition to internship, specified skills, and other employment statuses, we also handle applications for certificates of recognition for family stays, change of status of residence, and permission to extend the period of stay.


The troublesome procedure

どんな手続きかわからない。

どんな書類かわからない。

大丈夫かどうかわからない。

 

どうぞご相談ください。

・在留資格認定証明書の交付申請

・在留資格変更許可申請

・在留期間更新許可申請

資格外活動許可申請

・申請内容の変更申出 

 

 戻る



suggestions

What should we do?~何がいるの?

*出入国在留許可の手続きは、外国人が日本で活動するために絶対に必要な手続です。

The immigration and residence permit procedure is absolutely necessary for foreigners to operate in Japan.

 

*どうしていいか分からなかったり困ったときは当事務所に相談してください。

 If you do not know what to do or are in need of help, please consult with our office.

consultings

How to do it?~どうやって

*申請手続きに関するご相談、お問い合せは当事務所の問合せフォームからコンタクト出来ます。

  If you have any questions or concerns about the application process, you can contact us through our inquiry form.

 

*申請取次事務の受託を承ります。

We can accept application agency services.

 

solutions

 Leave it down to us~任せる

*煩わしいけど避けられない在留資格の手続き。

面倒だけど絶対必要な資格です。

 Procedures for status of residence are troublesome but unavoidable.

It is a troublesome but absolutely necessary qualification.

 

*申請は取次人に任せて

大事なお仕事に専念出来ます。

 Leave the application to us, the agents.

You can concentrate on your work.

 

 



 

 在留資格認定証明書の交付を申請し、認められると左のような「在留資格認定証明書」が交付されます。

 

 この証明書を在外公館に提示して査証(ビザ)の発給を申請します。

 

 この証明書に基づいてビザが発給されると日本に上陸するための必要条件が整います。

 

If you apply for and are granted a Certificate of Eligibility, you will receive a "Certificate of Eligibility" as shown on the left.

 

Present this certificate to the diplomatic mission abroad and apply for visa issuance.

 

Once a visa is issued based on this certificate, the necessary conditions for landing in Japan are met.


【当事務所の基本方針】

 

・原稿書類をよく理解し、誤記や不足な箇所についてクライアントに確認の上、

必要に応じて加筆修正や正しい書類にすり替え、追加の資料をお願いすることがあります。

 

・交付や許可を受けるためには、申請の内容に虚偽があってはなりません。

疑義があればこれをただす疎明資料が必要になるでしょう。

 

・このため、必要な疎明資料を全部揃え、申請の内容に齟齬がなく、

真実に基づいた、整合がとれて納得できる申請書になっているはずである必要があるところと思われます。

                               

・これら一連の書類の体裁や内容の検討、整理、作成に一通りの時間を要することがありますが、

適切な申請取次を持ってクライアントの利便や円滑な審査に最大限寄与してまいります。

 

 

 

お問い合わせはこちらから