特定技能外国人の転職について

 

特定技能の外国人労働者は同じ分野に限って転職が認められています。

 

自己の事由によらない転職の場合であれば、現受入機関や登録支援機関は積極的に転職先を探さなければなりません。

 

 

しかし、本人の自己都合の転職のときは違います。

 

転職先は特定技能外国人自らが探し、在留資格変更手続きも自分で行うか、誰かに取り次いでもらわないとなりません。

 

しかも手続きは現在の職場に在職中に、転職に関する膨大な資料を作成して、社会保険や労働保険、在留諸手続きを行う必要があります。

 

特定技能1号は通算で5年間の在留期間です。転職した先が今よりもより良いとは限らないこともあり得ます。

 

 

このように見ますと、転職できるとされてはいるものの、果たして自己都合で転職できるのか。あまり現実的ではないように思われます。

 

 

ただ、絶対に転職しないか、といえば絶対はありません。

 

特定技能の外国人から転職の意向を聞いたときは、なぜ特定技能に転職が認められることとされたのか、もう一度考えてみてもよいかもしれません。