【特定技能国内試験】の受験資格の拡大

令和2年4月1日から国内試験の受験資格が拡大される、と公表されています。

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00135.html

試験実施方針の変更部分を併記してみます。

 

【令和2年3月31日まで】

分野所管行政機関の判断により,中長期在留者及び過去に本邦に中長期在留者とし

て在留した経験を有する者を対象として,国内においても試験を実施することができ

る。

なお,「退学・除籍留学生」及び「失踪した技能実習生」のほか,「特定活動(難

民申請)」の在留資格並びに技能実習等,当該活動を実施するに当たっての計画(以

下「活動計画」という。)の作成が求められる在留資格で現に活動中の者(その活動

計画の性格上,他の在留資格への変更が予定されていないもの,又はその活動計画に

より,当該活動終了後に特定の在留資格への変更又は在留期間の更新が予定されてい

るもの)については,国内での受験資格を認めない

 

 

【令和2年4月1日から】

分野所管行政機関の判断により,在留資格を有する者を対象として国内において

も試験を実施することができる。

ただし,試験に合格することができたとしても,そのことをもって「特定技能」の

在留資格が付与されることを保証したものではなく,試験合格者に係る在留資格認定

証明書交付申請又は在留資格変更申請がなされたとしても,必ずしも在留資格認定証

明書の交付や在留資格変更の許可を受けられるものではないことから,その旨を,試

験実施要領及び受験案内において周知する。

また,在留資格認定証明書の交付を受けたとしても,査証申請については,別途外

務省による審査が行われるところ,必ずしも査証の発給を受けられるものではない旨

についても,試験実施要領及び受験案内において周知する。

 

 

国内(技能)試験では、中長期在留者及び過去に本邦に中長期在留者として在留した経験を

有する者を対象としており、「他の在留資格への変更が予定されていないもの」は

受験資格がありませんでした。

 

令和2年4月1日からはこの制限が廃止されて、「在留資格」があれば受験できることになるようです。