北海道スタートアップビザ制度

「起業準備活動」を行う外国人の方は、要件を満たすことで、起業準備の為に最長1年間の在留資格「特定活動」で在留が許可される、とのことです。

 

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/csk/startup-visa/index.htm

出典:北海道 経済部 地域経済局 中小企業課

 

 

「外国人起業活動促進事業(北海道スタートアップビザ制度)」について

 

ポイント

 起業準備活動を行う外国人の方は,要件を満たすことで,起業準備の為に最長1年間の在留資格「特定活動」で在留が許可されます

 外国人起業活動促進事業(北海道スタートアップビザ制度)は,外国人起業家の受入れ拡大と起業の促進を目的として経済産業省から計画認定を受けた自治体において活用できる制度です

 この度北海道が認定されましたので,スタートアップビザ制度を開始します

 

対象事業

・地域を支える農林水産業の成長産業化,を促進する事業

・地域資源を活かした食関連産業の振興,を促進する事業

・観光産業の先進地・北海道の実現,を促進する事業

・高い付加価値を生み出すものづくり産業の振興,を促進する事業

・市場規模やニーズの変化に応じた産業の創造,を促進する事業

・その他,知事が必要と認める事業

 

対象者

 北海道内で新たに起業を始める外国人の方

 

 

 

「制度の流れ」のポンチ絵で見ますと、「短期滞在」からの「特定活動」移行もあり、のようにも見えますが、これは出来ません。

「短期滞在」中に当該「特定活動」の「在留資格認定証明書」が交付されれば、引き続いて「特定活動」資格で在留、となります。

(期限切れで一度帰国しなければならないかもしれないので「短期滞在」で来日して手続きしようとする際は、留意しておく必要があります。)