インドネシア特定技能外国人に係る手続

【インドネシアの特定技能資格者を採用する手続】

 

インドネシアの特定技能資格者を採用する手続について、出入国在留管理庁から概要説明資料が公表されています。

 

海外から来日するケースと、すでに日本に在留しているケースの二通りがあります。

 

 

【海外から来日するケース】

  ①求職者・求人者は共に「労働市場情報システム(IPKOL)」に登録

  ②マッチングが整ったら「雇用契約」締結

  ③在留資格認定証明書交付を申請

  ④本人は「SISKOTKLIN(尼国政府の海外労働者管理サービスシステム)」に登録(必須)~ 登録IDをビザ発給時に提出

  ⑤在留資格認定証明書が交付されたら在インドネシア日本大使館等でビザ発給申請

  ⑥ビザ発給後、特定技能在留者として日本に入国

 

 

【日本に在留中のケース】

  ①「雇用契約」締結

  ②「SISKOTKLIN(尼国政府の海外労働者管理サービスシステム)」に登録(必須)~ 海外労働許可IDを在京インドネシア大使館に提出

  ③在京インドネシア大使館に海外労働許可IDを届出(駐日尼大使館は推薦状を発行)

  ④在留資格変更許可申請

  ⑤許可後、特定技能在留者として日本に引き続き在留

 

 

 

日本の受け入れ企業は求人情報をどこに掲載してもいい。インドネシア政府が仲介するサイトのほか、日本のハローワークや求人サイト、SNSなどで求人を出してマッチングをしてもいい。(新聞情報につき要確認)